YouTubeを見ていると、
たまに似たような内容なのに、
再生回数が全然違う動画って
見かけませんか?

片や100再生、片や100万再生みたいな。

すごい違いですよね。

 

出来れば短期間で再生回数が
伸びたほうが嬉しいですよね。

ということで、
今回は短期間で再生回数を
爆発させる方法について
書いていきます。

 

 

なぜ再生回数は伸びにくいのか

では、具体的な方法を説明する前に、
なぜ再生回数が伸びないのか、
そしてどういう状態になると再生回数が
伸びやすいかを説明していきます。

そもそもですが、再生回数ってすごく伸びにくいです。

これはYouTubeで
再生回数が上がっていく
システムに問題があります。

YouTubeに動画をアップしてる人は
わかると思うんですけど再生回数が上がるときって
関連動画からアクセスが流れてくる
と思うんですね。

つまり関連動画に表示されるようにすればいいわけですが。

じゃあ関連動画に表示させるために
何が必要なのかというと、
動画が再生されたデータなんですね。

・視聴時間
・視聴者維持率
・再生回数
・視聴者の年齢層
・視聴者の性別
・検索されたキーワード
etc…

これらは動画が再生されなければ、データは蓄積されません。

YouTube側はこのデータを元に
「この動画は10代に再生されることが多いから、
10代がよく再生してる動画の関連動画に表示してみよう」
という風に選んで表示させているわけです。

※判断要素はもっと色々ありますが、
 ここではざっくり説明しています。

 

つまり、再生回数を増やすためには、
動画が再生されないといけないんです。

チャンネル運営初期に再生回数が
伸びにくい理由もこれです。

チャンネル登録されると、
そのチャンネルの動画が更新された時に
チャンネル登録者のホーム画面に表示されます。

この初期アクセスをチャンネル登録者で
稼げないから伸びにくいんですね。

 

 

短期間で再生回数を伸ばす方法

これってすごい矛盾ですよね。

でもこれを超えないことには
短期間で再生されません。

本当なら動画を毎日更新して、
地道にチャンネル登録者と
再生回数を稼ぐところですが。

「なんとか短期間で再生回数を伸ばしたい」

という人のために、
実際に私の動画で短期間で
伸びた事例を公開します。

 

 

他の媒体で紹介される

これは偶然なんですけど、
他のブログで私の動画が引用されて
いきなり再生回数が伸びたことがあります。

いきなり何十万再生もされて驚いた記憶があります。

これは狙って出来ることではないので、
方法として言えるかどうかはわかりませんが。

ただ、一つ普段から気をつけていたことがあります。

 

それはクオリティが高い動画を作るということです。

ちょっとした工夫や見せ方を変えて、
視聴者に飽きられないように
気をつけてやっていました。

文字がバーっと上から下に
流れるだけの動画が、
引用されたりはしないですよね。

引用されるような動画を作るのが重要です。

 

 

トレンドを狙う

これは知ってる人も多いと思いますが。

ニュースで話題になってるような
ネタは1日で何万回も再生されます。

いち早く動画をアップしておけば、
検索から初期アクセスを集められるし、
話題になってることはホーム画面や
関連動画にも表示されやすくなってます。

でも、これ狙ってやるのって結構難しくて。

誰よりも早くアップしないといけないので、
常に目を光らせておく必要があります。

副業で取り組んでいる方は
厳しいんじゃないかと思います。

専業の人なんて、そう多くはないですよね?

 

 

最後に”とっておきの方法”を教えます

いかがでしたでしょうか。

どちらも難しそうと
感じたのではないでしょうか。

では最後に、そんな人のために
とっておきの方法を教えます。

それはチャンネル登録者を増やすということです。

YouTubeの急上昇ランクを
見ればわかると思いますが、
だいたいが有名YouTuberです

YouTuberはチャンネル登録者が非常に多く
動画あげた2~3時間後に数万再生されてます

チャンネル登録者を増やすのって、とても大事なんです。

 

それじゃあチャンネル登録者を
増やす方法が知りたいところですよね。

その具体的な方法はメルマガで
お伝えしています。

http://snak.jp/l/u/vJQG0sydnZh44neT

 

独学でやろうとすると、
遠回りになってしまいます。

短期間で結果を出せる方法を
公開していますので
興味がある方は登録しておいてください。