YouTubeで動画投稿していて悩むことの一つに
再生回数が一定以上伸びないというものがあります。

これは誰もが最初は悩むことです。

たまに数万、数十万再生される動画もあるけど、
ほとんどの動画は数百、数千再生程度。

でも、原因がわからないから対策も出来ない…。

そこで、今回はそんな状態を脱出するための
ヒントを書いていこうと思います。

 

 

 

再生回数が上がらない理由

ということで

この内容を書こうと思って、
私がパッと思いついたのは3つです。

本当はもっとあるんですが、
細かくあげたらキリがないので、
とりあえずこれだけ説明していきますね。

 

需要が掴めていない

まず一つ目ですが、
需要がない動画を作っている
というものです。

自分にとっては勉強になる内容だったり、
一部の人にとっては重要な内容だったとしても、
皆が見たいと思うものじゃないと再生されないです

 

例えばですけど

あなたはラクロスという
スポーツの動画を見たいと思いますか?

ラクロスとはクロスと呼ばれる
先に網の付いたスティックを用いて、
直径6cm・重さ150gの硬質ゴム製のボールを奪い合い、
相手陣のゴールに入れることで得点を競う。

wikipediaより

大体の人は、なんとなく知ってる程度でしょうし、
存在を知らない人の方が多いですよね。

それじゃあ、その動画みたいですか?
って言ったら別に見たくない人の方が
多いと思うんですね。

当たり前ですけど、興味が無いものを見たいと思わないです。

 

同じスポーツなら、
競技人口も多いサッカーの
動画の方が需要があります。

ラクロスの日本の競技人口は2万人程度ですが、
サッカーの日本の競技人口は480万人以上です。

数が圧倒的に違います。

それに、実際にサッカー動画は
物凄く需要が高くて何百万再生さてる
ものが沢山ありますよね。

今アップしてる動画が伸びないのは、
需要が無いからかもしれません。

一度この部分を考えてみて下さい。

 

 

ネタの旬が過ぎている

芸能ネタなんかは特にそうですが、
「今更その話題?」という動画を
アップしてたりしませんか?

記事やニュースになったら誰よりも早く
動画を作ってアップしないと劇的には伸びません。

もちろん、アップしとけば後々再生回数が伸びることもありますよ。

 

例えば過去にアップした動画に関連した
ニュースとかが話題になって、
今話題の動画の関連動画に表示されて
爆発的に伸びたとか。

でもそれって狙って出来ることじゃないし、非効率過ぎます。

もしかしたらあなたがアップしている
動画の内容は既に旬が過ぎていて、
見たい人がいないのかもしれないです。

 

 

サムネとタイトルがショボい

これはどこでも言われていることなので、
ここでいちいち取り上げて説明する程の
ことではないと思いますけど。

視聴者が動画を再生する時の
判断材料はサムネとタイトルだけです。

そこで動画の魅力が伝えられないと、スルーされるだけです。

ここを無視して需要がある動画を作ったり、
旬のネタを取り扱っても再生回数は伸びません。

再生回数が伸びている動画の
タイトル構成とかサムネの構図を
参考にして動画を作ってみて下さい。

上手くいけば、驚くほど再生回数に上がりますよ。

 

 

最後に

どうでしたか?

言われたらその通りだけど、
意識できてなかったという人も
多いんじゃないでしょうか。

 

ただ、これは例なので、

「言いたいことはわかるけど、
じゃあどすればいいのかわからない」

という人の方が多いと思います。

 

もっと細かい話は、
メルマガでしているので
興味のある方は登録してみてください。