YouTubeで再生回数を上げるのに
最も重要なものがタイトルとサムネイルです

これが魅力的だったり、
強烈に興味を引くものじゃないと、
クリックしてもらうことが出来ません。

しかし

一部の人ですが、
動画の内容とかけ離れた
タイトルとサムネイルを
付ける人もいます。

こういった方法はデメリットかありません。

何故、こういったことを
やってはいけないのか。

詳しく説明していこうと思います。

 

 

 

釣り動画とは

では釣り動画とは
いったいどういったものかを
説明していきます。

まずはタイトルと動画の中身が違うものです。

例えば動画タイトルやサムネイルが
「しゃべくり007」などの人気番組のものだが
動画の中身は全く関係のないサイトへの誘導文だったり。

他にも、動画の説明欄に大量の人気ワードを並べて
検索からヒットしやすくすることなども含まれています。

最初の頃はまだ稼げていたのか、
今では簡単に削除されてしまいます。

 

 

 

削除されやすい理由

そういった釣り動画は今では減ってきてはいます。

これは何故かと言うと、
通報するのが当たり前に
なってきたからでもあります。

2ちゃんねるには、実際にこんなスレッドも立っています。

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/streaming/1332750613/

他にもヤフー知恵袋やツイッターで
「釣り動画見つけました!」と
晒されているのも見かけます。

YouTubeへの通報の方法を
まとめた動画やサイトなども見るので、
気軽に通報されてしまうんです。

ちょっと前には、動画の前後にURLへの
誘導用動画を入れる手法が流行っていましたが、
こういったものも規制されてきて、今では殆ど見かけません。

 

 

 

まとめ

最近では気軽に通報する方も多いようで、
反感を買うような動画は通用しなくなってきました。

釣り動画でもなんでもないのに、
通報されて削除されることもありますしね。

 

スパムまがいの方法は、
どんど通用しなくなってきています。

それではどういった動画を作れば
長期的に稼いでいけるのか。

 

私のメルマガでは
長期的に安全に稼げる方法を
お伝えしています。

http://snak.jp/l/u/new543

 

役に立つ情報を配信しているので、
もし興味がある方は登録してください。