You tubeに取り組んでいて、
低評価が多くて悩んでませんか?

自分が作ったものが
評価されないのは
悲しいものですよね。

今回は低評価による影響や、
その原因と対策について書いていきます。

 

 

 

低評価による動画への影響

You tubeの高評価・低評価の機能を
知らない人はいないと思いますが、
一応説明します。

 

動画の下にあるこのボタンです。
2017-05-29_025954

左側が高評価で右側が低評価。

その動画の内容に対する
評価をボタン一つで示せるものです。

 

低評価という響きからマイナスなイメージがありますし、
押されたら動画の評価が下がって、検索結果に影響が出たり、
関連動画に表示されなくなるんじゃないかと
思っている人もいると思います。

しかし、実際には動画への影響はありません。

 

これは動画を見た人の評価を
客観的に見れるというだけです。

逆に、You tube側からしたら
視聴者の興味を引いてくれているので、
有り難いくらいでしょう。

実際に低評価が多い動画でも、
急上昇ランキングに載るし、
再生回数が跳ね上がっている動画も
あるのが良い証拠です。

 

とはいっても、
自分が投稿した動画に低評価が多いのは
あまり良いものではないですよね。

今まで見てくれていた人が離れてしまう場合もありますし、
避けるに越したことはないでしょう。

そこで、具体的に高評価を増やすためには
どういったことをすればいいのかについて
説明していきます。

 

 

 

高評価を増やすために必要なこと

それでは、
ここからは高評価を増やすために
必要なことを書いていきます。

 

リサーチをする

まず第一に必要なことは
「リサーチをする」ということです。

そもそも叩かれるような内容は
避けるに越したことはないということです。

これは、トレンドを狙うときなどは、
特にわかりやすいですよね。

炎上しているような内容を扱うときは
低評価が増える可能性がかなり高いです。

 

また、ある程度テーマを決めて運営している人であれば、
「コメント欄をしっかり読む」ということです。

コメント欄を読むのもリサーチのうちです。

視聴者が何を求めているかを調べて、
それに沿った内容の動画を投稿していけば、
自然と高評価も増えていきます。

 

そしてタイトルで釣らないというのも
非常に大事です。

魅力的なタイトルにするために、
表現を考えるのは良いことですが、
動画の内容とタイトルが違い過ぎると
低評価が劇的に増えます。

瞬間的に再生回数は上がりますが、
大抵長く再生されることはないし、
視聴者が離れてしまうので
絶対にやめたほうがいいです。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここにいくつか高評価を
増やす方法を書きましたが、
基本的なことです。

 

が、

実は爆発的に高評価を
増やす方法というのがあるんです。

 

こういったオープンな場では
公開していない裏技を
メルマガで紹介しています。

もしその方法を知りたいなら
メルマガに登録してみてください。