Youtubeに動画を
アップロードしている方であれば

「収益化出来ない」

といった動画が
出てきたことはありませんか?

 

私自身も何本かあります。

 

Youtubeで稼いでる人にとっては、
せっかく作った動画が無駄になってしまうのは
避けたいところだと思います。

 

そこで

今回は、なぜ収益化が
出来ないかについて説明して
いこうと思います。

 

 

収益化出来ない動画ってどんなの?

じゃあどんな動画が
収益化出来ないのかというと
2つのパターンがあります。

 

それは

・他人の動画や音楽を使用した場合
・タイトルに過激な表現が含まれている場合

この2つです。

 

 

他人の動画や音楽を使用した場合

まず他人の動画や音楽を使用して
収益化できない場合というのには
何パターンかあります。

どんな動画を上げるとNGなのか?

 

それは他人と同じ動画をアップしてしまっている場合です。

これは、テレビ動画やミュージックPVなど。

 

Youtubeでは機械的に
コピーコンテンツかどうかを
判断する機能があります。

もちろん自動判別を避けて強制的に
収益化する裏技もあったりしますが、
そういった動画はかなりリスクが高いです。

 

どういったリスクか?

収益化出来ないどころか
動画削除・チャンネル削除まで
されてしまう可能性がかなり高いです。

 

収益化はされたとしても、
テレビ動画などは著作権などに
うるさいです。

 

当たり前ですけどね。

 

私もYoutubeアフィリエイトに
取り組み始めた最初の頃に、
これをやってしまい、
すぐにチャンネルを削除された
経験があります。

 

長期的に稼ぐことを目指していたので、
すぐにそういった手法は避けるようにしました。

 

 

また、削除されないまでも、
一度収益化されたのに、
気付いたら取り消されているという
場合もあります。

私がアップした動画の中で、収益化出来ていましたが、
数カ月後に収益化が無効になったものがあります。

もしかしたら視聴者からの反応や報告があり、
目視で対応したのかもしませんね。

 

他人のコンテンツを利用するというのは
どちらにしろ長期的には稼げないです。

 

 

タイトルに過激な表現が含まれている場合

次に過激な表現が含まれている場合です。

 

実はYoutubeでは収益化がされ辛い
キーワードというのがあります。

特攻隊やイスラム国など
戦争などに関するものだったり。

 

こういったものがタグ、説明欄、
タイトルに入っていると収益化が
出来なくなることがあります。

 

チャンネルや動画を作成する際には、
事前に収益化されやすいかどうかも
考えながら動画作成しなければ
時間の無駄になってしまいますよ。

 

 

じゃあどうすればいいの?

結局は、

引っかかるような恐れのある動画は
作らないに越したことはない

ということです。

 

 

テレビや音楽の丸パクリなんて、
一発でチャンネル削除されても
文句は言えませんし、
著作権違反で訴えられる可能性だって
あります。

 

また、

ある分野のチャンネルを作ったら
チャンネル削除されやすいというのも
聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

 

そもそも広告主が「広告を載せたくない」と
思うような内容の動画やキーワードを含んだ動画は、
作らない方がいいんです。

 

Youtubeのユーザーもどんどん増えてきています。

そろそろ違反者の締め出しも
強くなってきているというのが
現状です。

 

つまりグレーな方法を使わずに
稼いでいくのが堅実な道です。

 

とはいっても

 

「でも、そんなこと言われても
どんな動画を作ればいいの?」

と悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。

 

私が今実践している方法は、
オリジナル動画でチャンネルの方向性さえ
間違わなければ動画やチャンネル削除の
危険性もありません。

その方法については、
メルマガで具体的に
お伝えしていきます。