YouTubeを実践していく上で、
視聴者維持率を意識していますか?

一見再生回数とは
関係なさそうに見えますが、
実は非常に重要な要素です。

今回は視聴者維持率の重要性と、
少しでも伸ばすための方法について
説明していきます。

 

 

そもそも視聴者維持率とは

そもそも

「視聴者維持率を気にしたことがない」
「視聴者維持率とは何かがわからない」

という方のために説明を記載しておきます。

 

視聴者維持率とは、
動画の中身がどの程度再生されたかを
パーセントで示すものです。

例えば10分の動画の
視聴者維持率が5分間再生されると、
視聴者維持率は50%になります。

 

YouTubeのアナリティクスでは、
どの部分が飛ばされ、どこで離脱しているかを
全てデータとして見ることが出来ます。

2017-10-20_023014

 

動画内容の改善に役立つ、
非常に役に立つ機能の一つです。

 

 

 

視聴者維持率が大事な理由

ではこの視聴者維持率がどのように
大事なのかについて説明していきます。

 

再生回数が伸びないという方は、
視聴者維持率を見てみて下さい。

40%もいっていないのではないでしょうか?

関連動画に表示させるためには、
ある程度の視聴者維持率が必要です。

説明欄やタイトル、タグなどに
キーワードを入れたりするのも重要ですが、
この視聴者維持率が判断材料として
大きな比重を占めています。

 

クリックしてもらうためのタイトル作り、
サムネイル作りも非常に重要ですが、
動画の中身を見てもらうために
構成を考えることも重要になってくると
いうことです。

 

では具体的にどの程度の
数値を目指していけばいいのか。

目安としては40%が最低ラインです。

この程度再生されていれば、
関連動画表示もされるように
なってきます。

理想的には平均50%

この数字を目指して
改善していきましょう。

 

 

 

視聴者維持率を伸ばす最も簡単な方法

とはいっても

50%を目指しましょうと言われても、
どうやすれば視聴者維持率が伸びるかが
わからないですよね。

 

そこで、最も簡単で即効性のある方法をご紹介します。

 

その方法とは動画の最初に
オープニングを流すということです。

 

ほとんどの有名YouTuberの方は
OP動画を挟んでいますし、
あなた自身もよく目にするのではないでしょうか。

 

 

このようにオープニングを挟むことで、
続きが気になって数秒でも動画に
視聴者を留めておくことが出来ます。

 

そして、動画冒頭で興味を引くことも
非常に重要になってきます。

タイトルやサムネイルと同じです。

最初の引きが強くなければ
最後まで見ようという気になりません。

 

これを意識して動画を作っていくと、
再生回数がグングン伸びていきます。

 

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

もし今まで視聴者維持率を
気にしていなかったのであれば、
意識して改善してみて下さい。

結果は大きく変わってくるでしょう。

 

しかし、テクニック的なことも大事ですが、
最も大事なのは視聴者が見たい内容を
動画にしているかという事の方が重要です。

是非、こちらも意識して動画作ってみて下さい。