Youtubeアドセンスに取り組んでいる人は
再生回数増えることが収入に繋がります。

 

しかし

この「再生回数を増やす」
というのが本当に難しい

 

月10万円程度しか
稼げていなかった頃は、
1,000再生される動画でさえ
容易に作ることが出来ませんでした。

 

当時は考察が甘くて、
仮説の精度がメチャクチャ低く、
検証もしっかり出来ていませんでした。

しかし継続してやってきた中で
ある程度は再生回数を伸ばすことが
出来るようになってきました。

 

そんな中で、

ひとつ参考になるかなーという
例があったのでひとつ紹介したいと思います。

 

 

Goosehouseから学ぶアクセスアップ

私が個人的に上手だなーと
思ったのがGooseuhouseです。

 

聞いたことはありませんか?

Goosehouseとは、
UstreamやYouTubeを通じて
オリジナル曲やカバー曲を配信しています。

 

 

このように有名アーティストの
カバーをYoutubeにアップして
いるのですが。

 

動画の再生回数を見て頂ければわかる通り、
動画一つ一つの再生回数がとんでもなく高いです。

 

テレビ出演などはせず、
YoutubeやUstreamで生放送をしながら
オリジナル曲の配信やリリースをしているのが
Goosehouseの特徴ですが。

 

マーケティング的に見てもすごく面白くて、
普段の活動を見ると参考になるのですが
今回は置いといて…。

 

肝心の何が上手だなーと思ったのかというと

「関連動画対策」です。

 

「Youtubeで集客するためには、
関連動画攻略がキモだ!」

ということ言われる通り、
関連動画対策はとても重要なことです。

 

じゃあ、Goosehouseが
どんな関連動画対策をしていったかというと…。

まぁ見たままなのですが

 

 

人気曲に寄生していってるんです。

 

オリジナル曲もアップはしていますが、
基本的にはカバー曲をメインにアップしています。

 

こうすることで、
検索でも上位表示されますし、
関連動画にも表示されやすくなります。

 

しかも、アイドルの曲からロック、
アニソンの主題歌まで幅広くカバーしているので、
色々なところから視聴者を引っ張ってこれます。

トレンドにも乗りやすいです。

 

カバーする曲によっては、
狙える年齢層も広がりますし、
ネタには絶対困りません。

 

では動画の中身自体はどうなのかというと、
聞いていただいたり、コメント欄を見て貰えれば
わかると思います。

コンテンツ自体もとても素晴らしいですよね。

 

1

2

 

このように好意的な
コメントが多いです。

 

こうやって、
自分のチャンネルに人を集めて
徐々にファンを増やしていった結果、
今があるのでしょう。

 

 

 

真似できるのことがないか考えよう

こういう事例を見れば
色々なことが考えられますよね。

 

「他にも個人で似たようなことやってる人はいないか?」
「『歌ってみた』系とどう違うの?」
「上手くいってるチャンネルとそうじゃないチャンネルの違いは?」

と細かく考えたり見比べていけば
色々な仮説が立てらますよね。

 

「結局、ある程度の質も重要そうだ」とか
「更新頻度が重要っぽい」とか
「どこに寄生すれば良さそう」とか

何かヒントが見つかるかもしません。

 

 

他にも挙げればきりがないのですが

「Goosehouseの最初の方の動画のコメント、
メチャクチャ叩かれてるけどなんでかな?」

「その状態からここまで
人気になったのはどうしてかな?」

「どう方向修正していったのかな」

と。

 

調べれば調べるほど、
疑問や仮説は出てきます。

 

今自分が作っているチャンネルのジャンルに
応用できることは無いかという目で見ていけば、
気付くことも多いはずです。

こうやって気付いたことを試してみて、
結果が出たらその方法を取り入れていけば
いいわけですからね。

 

今回はGoosehouseを例に出しましたが、
「Youtubeアフィリエイトのチャンネル」を
分析していったら応用出来そうなことが
沢山みつかりそうな気はしませんか?

 

人気かどうかは再生数や
チャンネル登録者数を見れば
わかりますからね。

モデリングもしやすいでしょう。

 

 

 

上手くいってる人は分析してる

このように

上手くいっている人は分析して
自分のチャンネルに取り入れて行ったり
することが出来る人だと思います。

 

私自身、これが全く出来なかったから
これまで上手くいっていませんでした。

ちゃんと分析していくようにしましょう。

 

とはいっても

言ってることはわかるけど、
具体的にどうすればいいのかと
いうのはわからないですよね。

 

実は、このように分析していく上で
大切な考え方の枠組みというのが
あるんです。

 

長くなってしまったので、
この方法というのは
メルマガでご紹介して
いこうと思います。