YouTubeの収益化条件が変更されてだいぶ立ちましたね。

YouTube側から提示されている条件は
そこまで難しくはないのですが、
条件を満たしているにもかかわらず、
保留になっている方が多いです。

そんな中で今後どんな対策が
必要になってくるのかについて
説明していきます。

 

YouTubeが提示する収益化条件

ではまずYouTube側が提示している

収益化の条件を見てましょう。

パートナープログラムの概要には
このように記載されていますね。

YouTube収益化基準
(引用元:
Google

・12か月以内の総裁回数が4000時間以上
・チャンネル登録者が1000人以上

という風になっていました。

この条件は2018年2月20日から適用されて、
それ以前に収益化が有効だったチャンネルも、
この条件に達していなければ収益化されません。

なかなかこの条件をクリアするのに
手こずっている人はいるんじゃないですかね、

 

 

YouTube収益化条件変更の背景とは?

今まで普通に収益化出来ていた人からしたら、
なんだか面倒に感じますよね。

ではこの条件変更にはどんな理由が
あるのかも少し説明しておきます。

どうしてこんなにも厳しく
なったのかというと
広告主への配慮のためです。

YouTubeを見ればわかる通り、
無法地帯になっていますよね。

アニメやテレビの無断転載は当り前ですし、
過激な作品も当たり前のように
アップされています。

このせいでYouTubeから広告主が
撤退してしまう事態
になったんです。

海外の大手企業が軒並み撤退していったことに
危機感を感じたYouTubeがようやく重い腰を
あげたという感じです。

YouTubeは広告主から入る広告料が主な収入源です。

さすがに対処せざるを得ない
状況だったのでしょうね。

 

 

YouTube収益化条件はクリアできたが…

この変更を受けて、
私自身もこの収益化条件に
チャレンジしてみました。

「せっかくだから
ちょっとやってみよう」

っていう感じてでテキスト系の
チャンネルを1つ作ってみたんです。

で、この基準自体は
クリアすることは出来ました。

でも問題なのはここからでした。

収益化審査が終わらない

チャンネル登録者が1000人に達してすぐに
収益化審査を申請したんですが、
まぁ収益化されません。

で、通ってからはだいぶ
放置しているんですが現在はこんな状態です。

収益化審査中

審査に落ちたのかなーと思ったら、
そうではなく保留です。

現在はそういった人が続出しているみたいですね。

ただ、そんな中でも審査を
通過しているチャンネルもあるようなので
テキスト系の審査通過の基準を探っていきたいですね。

 

 

YouTube収益化をしたいなら

とはいっても

テキスト系はどちらにしろ
今後厳しくなっていくのかなと
思います。

いくら審査が通過したからといって、
いつ削除されるかわからないチャンネルを
運営するのは精神衛生上もキツいですよね。

以前2ちゃんねるで盛り上がった
チャンネル潰しがまた再熱するかもしれませんし。

やはりオリジナル動画への移行は必須です。

具体的にどんな方向性が良いのかなどについては、
メルマガでも話していますので、
興味がある方は登録して頂ければと思います。