「Youtubeアドセンスで稼ぎたい!」

こう思っている人にとって、
著作権の問題というのは
気になるところですよね。

いや、むしろ気にしなければいけないことです。

 

今回は、Youtubeで稼ぐにあたって
おさえておきたい著作権の問題について
説明していきます。

 

 

テレビの動画とかってぶっちゃけどうなの?

Youtubeユーザーであれば
一度はテレビで放送された番組が
アップされているのを見たことが
あるのではないでしょうか。

 

「あれって、
著作権違反じゃないの!?」

と疑問に思った方もいるのでは
ないでしょうか。

 

これは察しの通り、
もちろん著作権違反に
あたります。

バレないでYoutube内に
残っているものもありますが。

 

これは、Youtube自体に、
アップされた動画が著作権違反かどうかを
判定するシステムが確立されていないのも
原因のひとつだと言えます。

 

そのような危険な動画をアップしていたら、
本当に捕まってしまう可能性だってありますよ。

それに、捕まらなくても、
せっかくyoutubeアドセンスでの
報酬を受取る権利まで剥奪されてしまう
ケースもあるんです。

 

 

著作権で気をつけるべきこと

とはいっても、
普通に動画をアップしているだけでも
著作権違反になってしまうことだってあります。

 

「それってどういう状況?」

というとそれは自分で作った動画に
写り込んでしまったものです。

 

普通に動画を撮っているときに

・風景だったり
・テレビに映ってる映像だったり
・たまたま家にあった商品だったり
etc…

意外とそういったものが
著作権侵害になってしまう
ケースがあるんです。

以前、有名なYoutuberの方も
この著作権の侵害で揉めたこともありますしね。

 

「え、それじゃあ動画なんてアップできないよ…」

と思うかもしれませんが、
その辺は心配し過ぎなくて
大丈夫です。

 

上記の例でも著作権侵害にならない場合もあります。

では、著作権違反にならない場合についても
少し説明しておきます。

 

 

著作権違反にならない場合って?

例えば、ゲーム実況なんていうのも
著作権違反だったりしますし、
テレビの映像なんかも違法です。

ただ、ずっと残っているものもあります。

 

「じゃあ、なんで消されないの?」

というと、著作権をもっている側の
都合で消されなかったという場合があるんです。

 

例えば、

そのテレビの映像を広めたいという
製作者側の意図がある場合などです。

他にも純粋なファンが作るMAD動画などは人気なものもあり、
爆発的な再生数のものがあります。

これって、製作者側からすると
作品の良いPRになるんです。

 

「それじゃあ、どんどんアップしてもいいの?」
というと決してそういうわけではないです。

 

例えば、Youtubeには視聴者側が
違法な動画を運営者に報告することが
出来るのです。

この画像を見てください。

2016-05-26_112346

 

このように、視聴者側から報告が多く、
削除されてしまうというパターンだって
あります。

あまりに多くの報告が来たら、
イメージを考えて削除されてしまう
ことだってあるでしょう。

そもそも著作権を持っている側が
気付いていなかっただけという場合だったら
すぐ動画も削除されてしまいます。

 

それに、今はよくても、
Youtube側がどんどん対策をしていって、
そもそもアップロードさえ出来なくなる
可能性だってあります。

稼ぎ続けるのは難しいです。

 

 

じゃあ、結局どんな動画作ればいいわけ?

ここまでの話を聞いて

「それじゃあ結局どうすればいいの?」

と途方に暮れる方もいるのでは
ないでしょうか?

 

個人的には危ない方法というのは
避けて正攻法な手法で挑むべきだと思います。

 

ただ、

クリーンなノウハウの中にも
稼ぎやすいものと稼ぎにくいものがあります。

正しくて稼ぎやすいノウハウを手に入れて、
それを実践していくのが一番の近道です。