「Youtubeは関連動画対策がキモ」

と聞いたことはありませんか?

 

Youtubeは関連動画からのアクセスが
大部分を占めているのは、
取り組んでいる人にとっては
既知の事実だと思います。

 

ただ、具体的にどういった
対策をしていけばいいかというのは
知っていますか?

一応、セオリーみたいなものは確立されていますが、
100%合っていると言えるわけではありません。

 

Youtubeが関連動画に表示させる方法を
公開しているわではないですからね。

 

そこで

私なりの関連動画対策のキモに
ついて書いていこうと思います。

 

 

 

関連動画って何?

関連動画とはそもそも何かというと、
Youtubeの動画の横に表示されている
サムネイル群のことです。

 

下の画像の赤で囲んでいる部分のことですね。

2016-06-30_082457

 

この関連動画に自分の動画が
表示されることがYoutubeで
再生回数を上げる為のコツだと
言われています。

実際に、この関連動画からの
アクセスが7割 8割です。

Youtubeに取り組んでいる方は
アナリティクスを一度見てみてください。

きっとアクセスの大部分が
関連動画から来ていることが
わかるでしょう。

 

そうなってくると、

何がなんでも関連動画に
自分の動画を表示させたい
ですよね。

 

では関連動画に自分の動画を表示させるためには
何をすればいいのかについて、ざっくりと下にまとめました。

 

 

 

一般的な関連動画対策

現在Youtubeでは、
動画の中身を自動で判別する
機能はないです。

それじゃあ何を元に
関連動画に表示させてるの?

という部分で、
良く言わせれているものを
ご紹介していきます。

 

 

説明欄

関連動画対策の一つとして、
表示させたい動画の説明欄で
使っているキーワードを入れるという
ものがあります。

2016-06-30_103312

 

この部分に相手のチャンネル内の動画で
よく使われているキーワードや、
動画のタイトル自体に使われているキーワードを
自然な形で入れ込むと関連動画に表示されやすいと
言われています。

 

 

タグ

タグは
動画をアップロードする際に
設定出来るのものです。

ここに関連動画に表示させたい
動画のタグを入れることで
関連動画に表示されやすくなります。

 

動画に設定してあるタグは
簡単に調べれることが出来ます。

 

タグを調べたい動画の再生ページで
マウスの右をクリックすると
下のようなボックスが出てきます。

2016-06-30_103926

 

そこで、赤丸がついている部分を
左クリックします。

 

すると、こういった文字が出てきます。

2016-06-30_104328

 

そこに、

<meta namer=”keywords” content=~

と書かれている部分があるのですが
この「~」の部分にタグが書いてあります。

これを自分の動画のタグに入れるだけです。

 

 

タイトル

そして最後にタイトルです。

表示させたい動画が使っている
キーワードをタイトルに入れるという
ことです。

 

Youtubeを見ればわかると思いますが、
AKB関連の動画の関連動画には
「AKB」というキーワードが
ほぼ絶対に入っています。

 

 

 

関連動画対策の仮説

細かく言えば他にもあるのですが、
こういった対策をすることで、
関連動画に表示されやすくなります。

 

これらの対策は、
もちろん基礎として
やっていくべきです。

 

しかし、これらの対策よりも
もっと重要なことがあると
個人的には思っています。

 

それは何かというと

「動画の質」(視聴者維持率)

これが重要なのではないかと思います。

 

「関連動画」という名前の通り、
関連しているかどうかいうのは
重要な要素です。

 

でも、

動画の中身はタイトルだけでは
わからないですよね。

 

先述の通り、Youtubeが自動で
関連度を判別して表示させている
わけですから。

 

そこで何を基準に判断しているのかといえば
聴者維持率なのではないかと考えました。

 

関連動画に表示された動画を
開いてすぐに離脱したら
「視聴者が見たかったものではなかった」と
判断して関連度が下がる。

そのまま視聴してくれる人が多かったら、
関連度が高いと判断しているのではないかと
思います。

 

ただ、関連している動画だから
長時間みるというものでもないですよね。

 

関連していなくても、
動画が面白ければ
視聴者は見てくれます。

関連していても、
動画が面白くなければ
視聴者は見てくれません。

 

つまり視聴者維持率を高めるための
「動画の質」が大事なんです。

 

こう考えていくと、
今主流のテキストスクロールの
動画は不利だということが
わかりますよね。

 

「またか」
「読むのメンドクサ!」

 

と思われて、
すぐに別の関連動画を
クリックしてしまう可能性が高いです。

※もちろん工夫次第で、
テキストスクロールでも
再生してもらえますけどね。

 

ではどういった動画を作れば良いのか?

 

実は、ちょっとした工夫
動画の視聴者維持率を上げることが
出来るんです

 

それも無料ソフトで充分で、
特別なスキルなんかも必要ないです。

 

どんな方法か?

その方法については
メルマガ内で詳しく
お伝えしていきます。