Youtubeアナリティクスは
見ていますか?

 

実はアナリティクスを分析することが、
アクセスを集めるうえで非常に
重要になってきます。

 

そこで今回は
アナリティクスの見方について
説明していきます。

 

 

 

アナリティクスで何を知れるのか?

ではまず

アナリティクスで
何を知ることが出来るのかについて
説明していきます。

どういった機能があるかを知ることで、
何に活かせるかという発想が出てきます。

 

 

収益

2016-07-22_013655

ここでは自分のチャンネル全体の収益と
チャンネル内の動画1つ1つの収益を
見ることが出来ます。

チャンネル運営を始めた全期間から
1ヶ月ごと、1週間ごとと、
細かくチェックすることが出来ます。

 

 

 

再生時間

2016-07-22_014332

ここでは自分のチャンネル全体の再生時間と
チャンネル内の動画1つ1つの再生時間を
見ることが出来ます。

また再生時間だけでなく、
再生回数も見ることが出来ます。

こちらもチャンネル運営を始めた
全期間から1ヶ月ごと、1週間ごとと、
細かくチェックすることが出来ます。

 

 

 

 

視聴者維持率

2016-07-22_014440

視聴者維持率とは、
視聴者が自分の動画をどこまで
見てくれたかがわかるものです。

視聴者が動画のどこで見るのを辞めたか、
どこで飛ばしたかがわかります。

 

これも動画1つ1つの視聴結果を見ることが出来ます。

下の画像は私のチャンネルの動画のひとつです。

2016-07-22_014827

この動画は約7分の長さですが、
平均視聴時間が3:32。

つまり、動画の半分近くは
見てくれているということです。

平均視聴率は視聴時間を
パーセントで表したものです。

 

 

ユーザー層

2016-07-22_022955

ユーザー層では視聴者の
年齢と性別を見ることが出来ます。

チャンネル全体での男女比や、
どの年齢の人が見ているかなど。

こちらも動画ごとに見ることが出来ます。

 

 

トラフィックソース

2016-07-22_023300

トラフィックソースでは
どこからユーザーの流入が
あるかを見ることが出来ます。

 

項目はこのようになっています。
2016-07-22_023407

関連動画やYoutube検索はそれぞれ、
実際にどの動画からアクセスが多いのか、
どの検索キーワードからアクセスがあるのかと
細かく見ることが出来ます。

 

 

端末

2016-07-22_024811

端末では、どの端末からアクセスが
あるのかを見ることが出来ます。

 

 

 

チャンネル登録者

2016-07-22_025146

こちらでは、チャンネル登録者数の
推移を見ることができます。

いつどのタイミングで
チャンネル登録者が増減したかを
見ることが出来るんです。

 

また、どの動画から登録したのかも見ることが出来ます。

2016-07-22_025350

 

 

評価

2016-07-22_025841

評価ではGoodクリック、Badクリックの
推移を見ることが出来ます。

動画ごとにいつどのくらいの
評価がされたのかを見ることも
出来ます。

 

 

再生リストに含まれている動画数

2016-07-22_030059

こちらでは
他人の再生リストや
お気に入りに追加された
数と推移を見ることが出来ます。

 

 

共有

共有は、どの動画が、
どのSNSに共有されたのかを
知ることが出来ます。

 

ちなみにこの共有の項目に
「クリップボードにコピー」とありますが、
これは動画のURLがスマホやPCでコピーされた時に
カウントされるものです。

2016-07-22_030907

 

 

 

 

…で結局どこ見ればいいの?

ここまで、
アナリティクスで見れるものを
説明してきました。

 

でも、ここまで見て

「結局大事な部分て何?」
「どう役立てたらいいの?」

っていうのがわからない人も
いるかもしれませんね。

 

1つ例を出します。

 

例えば端末

「別に見てるのがスマホだろうが
PCだろうがあまり関係なくね?」

と思う人も多いのではないでしょうか。

 

でもよく考えてみてください。

 

スマホで見ているということは
「移動中かもしれない」ということが
考えられますよね。

 

その移動中かもしれない人にとっては

・動画が長い方がいいのか
・動画が短い方がいいのか

こう考えれば作るべき動画の中身も変わってきます。

 

例えば、この仮説を検証するために

・動画の視聴者維持率を見てみたり
・時間が長い動画と短い動画の視聴者維持率を比べてみたり

そして答え合わせとして
動画を作ってみる。

 

さらにいえば、
・家でスマホを見る場合は?
・PCとの割合は?
・年齢層ごとに違いは?
・仕事の休憩時間に見ているとしたら?

etc…

 

と考えていけばキリはありませんが。

 

とにかく、
しっかりと考察して
動画を改善していく。

 

これがアナリティクスの使い方です。

 

でも

そうはいってもまだわからない、
具体例を知りたいというのが
人情ですよね。

 

では、私が実際にどこを見て
動画を改善したりしているのか。

 

メルマガ登録者にだけは
コッソリお伝えしようと
思います。

 

登録はこちらからお願いします。

https://snak.jp/p/r/wxbfo80J